とある複業家の日記

日々の活動記録

勉強法

自信と過信

自信と過信は紙一重。過信しすぎることで、足元をすくわれることは多々あり得ますが。自信があるからこそ前向きに行動ができる。過信にならない程度に自信を持っていきたいですね。

自分ができることに集中する

できないことをできるようにすることはとても大事ですが。無理にできるようにする必要はありませんよね。適性を見極め、自分ができることに集中する。コストパフォーマンスが高まりそうですね。

困難を分割する

何かに挑戦すると、困難にぶつかることは日常茶飯事ですが。真正面からぶつかると返り討ちにされることも多いです。困難は分割する。細かく分けて1つ1つクリアしていきたいものです。

情報収集

情報収集はとても大切ですが。可能な限り多くの資料や文献にあたり、その共通項を把握する。1つの情報源に頼るのではなく、情報の分散を意識したいものです。

モチベーション

モチベーションの上げ方、維持方法はさまざま。自身の内側からふつふつと湧き上がる人もいれば、外部の何かに頼る必要のある人もいます。自分にとって最適な環境を創りたいものです。

仕組化

自分1人の力では限界がある。活動範囲はどうしても制限されます。仕組化を上手にして、少しずつ自分の作業量を減らし、効率化を図りたいものです。

経験の副作用

経験値は高ければ高いほど良いように思われますが、当然副作用もある。経験値を高めようと努力しつつも、そうした副作用も理解し、克服していくことでさらなる成長が見込めそうです。

他責と自責

原因は自分にあるという自分原因論。自己成長のためには重要そうですが、必要以上に自身を追い込む必要はない。他責も時に悪くはないのかもしれません。

スモールスタート

副業でも事業でもスモールスタート。リスクを必要以上に負わずにまずはスタート。成功確率を上げる1つの有効な手段かもしれません。

働く環境を選ぶ

仕事とは自己完結するものではなく。需要に対して自分自身のリソースを提供して初めて成立するものですが。嫌いな人や合わない人と無理に仕事をする必要はない。「心地よい」環境をつくりたいものです。

諦めること

諦めが肝心。ときに、潔く諦めることで、視界が開けたり、新たな発見をすることもあり得る。諦めを消極的選択と捉えず、積極的に選択したいものです。

何でも屋

他人と比べた場合に、特に秀でたものがないと考えるとき。何でも屋を目指すことも、有りかもしれません。自身の可能性と限界を見ながら、うまくポジションを取りたいものです。

時間を創る

忙しい毎日の中で、勉強や副業のための時間を創ることは難しい。もっとも、時間を創らなければ何も進まないこともまた事実。いかに時間を創出するか、真剣に考える必要がありそうです。

コミュニケーションコスト

オフラインではなく、オンラインでのやり取りが増えているビジネス世界においては。コミュニケーションコストのかからない人材を目指すこと。1つの生存戦略として必要そうです。

目次を常に確認する

問題集やテキストといった書籍を頼りにする場合、目次は非常に重要です。目的地にたどり着くための地図と同様の機能を果たす。地図を頼りに、目指すゴールに向けてコツコツと勉強を進めたいものです。

憧れと、目指す姿

成長を目指す場合、憧れの対象(人)を持つことは良いことかもしれませんが。所詮、その人にはなれない。自分は自分と割り切れるか。この視点も大事そうです。

コミュニティ

まずはコミュニティの中で成果を上げる。そこから横展開をし、少しずつ自分の手から離し、自身の活動領域を広げていく。難しいことのようですが、やってみる価値はありそうです。

情報収集と行動

情報収集は大切ですが。徹底的な情報収集よりも、ある程度の情報収集+(即)行動の方が効果は出やすい。行動なしにただ頭でっかちになることは避けたいものです。

勉強をする環境

勉強を継続するためには、環境づくりが不可欠ですが。その環境にはもちろん、合う合わないが存在します。はじめからベストな環境を求めず、合わない要素を排除し、ベターな選択をしていきたいものです。

副業の始め方 実績を積む

小さな実績をコツコツと積み上げること。信頼や客観的な評価を少しずつ積み上げること。コツコツ淡々と、大変な作業ですが。これが近道な気がします。

時に、立ち止まる

忙しない毎日を生きる上で。時に、立ち止まること。これは必要そうです。意識的に立ち止まり、思考を整理し、行動を整理し、また歩み出したいものです。

向き不向きを意識する

向き不向きを意識する。不向きなことに時間や労力を割かなければならない場合もあり得ますが。向いていることに没頭できるよう環境を整備すること、これが精神衛生上も良さそうです。

計画を立てる?

計画を立てることは大切ですが。計画倒れも意味がない。計画を立てることそれ自体には意味はない。立てるからには、計画の中身を精査したいものです。

走り続けることの難しさ

何をするのでも。休息無しに走り続けることは不可能。適度に休息を挟みながら、自分を追い込みすぎず、長期目線で進めたいものです。

行動と不安

モノにもよりますが。新しいことにチャレンジすると、うまく行かなかったり、想定していた通りに行かないことも多い。行動には不安がつきもの。どう折り合うかがカギになりそうです。

専門家を目指すのか?

ゼネラリストかスペシャリストか。終身雇用や年功序列の崩壊、個の技量がより重視される現代においては、どちらを選ぶべきなのか。自身の特性も考えつつ選択したいものです。

両極端を知る

自分に合う形や塩梅はなかなか見つからないもの。もっとも、両極端を知ることでその塩梅は何となく見えてくることも多い。まずは徹底してやり込み、自分にとってちょうどよい塩梅を見つけたいものです。

焦りは禁物

新しいことに挑戦し、何らかの成果を上げたい場合、焦りはやはり禁物です。焦るあまり自分のペースを乱したり目標を見失っては元も子もない。長い目で見たいものです。

知っていること、知らないこと

食わず嫌いなのか。勉強をせず、知ろうとせず、何となく距離を置き、新しいことやモノに飛びつかないままでいることも多い。重い腰を上げて一歩踏み出してみたいものです。

自分ができることに集中する

自分ができることに集中する。自身がコントロールできることに集中する。難しいことですが。人生をより豊かにし、平穏に生きるためには、必要な要素なのかもしれません。