とある複業家の日記

日々の活動記録

「とある複業家の学校」

成長するタイミング

大きな成長を遂げるタイミングは人それぞれ。始めた当初はなかなか上達しませんが。コツをつかみ自分なりのやり方がわかってくると、加速度的に成長します。そのタイミングまで待てるか、ここがカギですね。

諦めること

諦めること。どうしてもマイナスイメージがありますが。1つのことを諦め、次へと向かう。諦めることで、新しいことをする余白が生まれる。そう考えることもできますね。

成功と運

成功と運。成功に必然はなく運に左右されるところも多分にあります。運を引き寄せるために行動をし続けること。そうしたマインドもありかもしれません。

いま、始める

最適なタイミングはない。いま、この瞬間に始められる人がやはり強いですよね。助走は長ければ長いほど良いわけではない。適度に準備運動を行いすぐに動き始めたいものです。

経験値

経験値を上げる。経験を積むことで、コツを掴んだり、上達しやすくなったりしますが。むやみに行動を繰り返すだけでは意味がない。理解し納得し行動する。その結果初めて意味のある経験が蓄えられる。

人より秀でているもの

誰にでも、何か1つは周りよりも秀でているものがあるはず。自覚していない場合も多いですが。人にはできないけれど自分にはできること。ここに着目し、得意を伸ばしていきたいものです。

考える訓練

考える力。何をするのでも基礎として大切ですね。考えることも練習、訓練。湧き水のように溢れてくる情報に踊らされることなく、自分自身の頭で考え行動したいものです。

集中するための休息

何かに集中して取り組むためには、休息が不可欠です。働き方改革ではなく、休み方改革。そんなことも言われましたが。まずはいかに休むかを考えたいものです。

継続のコツ

継続や習慣化は、成果を上げるうえでは不可欠ですが。どのように継続するかという方法論ではなく、いかに継続できるものを選択するか。こうした視点も重要かもしれませんね。

知らないことを恥じない

無知の知。知らないことを知っていることは、間違いなく強みです。知らないことを素直に認め、知るために努力する。何ごとからも学ぶ姿勢を持ち、学び続けていきたいものです。

副業の意味

副業を始める理由や目的は人それぞれ。生活費の足しに、個人で稼ぐ経験をなどさまざまです。そして、副業をすることで得られるものも様々です。実際に行動することでしか見えない世界を見たいものです。

人生の主人公は誰か

人生はほかの誰のものでもなく、自分自身のもの。脇役になるのではなく。自分の人生の主人公は自分自身。よく考え行動し、自分の人生を歩んでいきたいですね。

競争をしないこと

競争。競い争うことで、より成長するという面もありますが。心の平穏や心地よさ、幸福度を上げるという視点では、競争は逆効果。競争をあえてしないという選択肢も有りですね。

ゆとりと行動

さまざまな意味でのゆとりがあると。新しいことに挑戦しやすくなります。時間的、精神的、肉体的。多くのゆとりを持つことで、新たな扉を開けていきたいものです。

ライバルとは

ライバルは自分自身。周りと切磋琢磨することで伸びる人もいますが。焦りは禁物。昨日の自分を少しでも超えていく。こうした意識で日々コツコツ淡々と継続していきたいですね。

見聞ではなく、経験

見たり聞いたりすることも大切ですが。自分で経験すること。実体験こそが、最もリアリティがあり、その後の行動や成長へとつながりますね。

撤退する自由

何か新しいことに挑戦する。必ずしもうまく行く、よい方向に行くとは限りません。止めること、引き返すこと、撤退すること。これらもまた自由ですね。フットワーク軽く挑戦していきたいものです。

試行錯誤

自分なりのやり方を見つけた人は強い。見つかるまでの道のりは、試行錯誤の連続。長く険しい道かもしれませんが。その過程で身に付けたものの価値はとても高いですね。

自責と他責

自分の頭でよく考え、十分に納得したうえで行動する。結果については自己責任。つい他人のせいにしたくもなりますが。納得したうえでの行動であれば、結果に対する納得度合いも高まりますね。

完璧を目指さない

完璧を目指す。聞こえはとても良いですが。新しいことを始める場合、壁やハードルは避けられません。うまく行っている、うまくやっている人を参考にしながらも。自分のペースでコツコツと進めて行きたいですね。

まずは自分でリサーチ

情報化社会。情報は集めようと思えば、いくらでも集めることができます。もちろん、取捨選択は必要ですが、興味を持ったら自力で徹底リサーチ。すぐに動くことができ、また理解も深まりますね。

意識的に空白をつくる

予定ややるべきことが詰まっている。充実している証とも捉えられますが。ゆとりがあってこそ集中して取り組むことができ成果も出やすい。意識的に空白をつくることも大切なのかもしれません。

強みを活かす

誰にでも得意不得意はあります。苦手なことにも積極的にチャレンジすることは美徳のようにも思われますが。得意を伸ばす。そして得意なことを発揮できる環境に身を置くこと。これが大切ですね。

人と違うことをやる

人と同じことをしていては、人と同じ人生を歩むことになる。違うことをする勇気、気概のようなものがとりわけ必要な日本ですが。人と異なることを恐れず、自分の人生を歩んでいきたいですね。

動きながら考える

何かを始める前段階での入念な準備。とても重要なことに思われますが。入念な準備に終わりはありません。であればまずは動いてみる。動きながら微調整。そんなスタンスもありかもしれません。

情報を能動的に捕りに行く

情報化社会。情報は嫌でも目に入ってきますが。自身に真に必要な情報はそう多くはないはず。不要な情報は排除し、必要な情報を能動的かつ主体的に集めたいものです。

活動領域を広げていく

全てを1人で行なうことは難しい。能力のある人ほど、すべてを自分1人でこなそうとしますが。1日は24時間。限界がある中で、自身の活動領域を広げていくか。考える必要がありますね。

無駄を省く

何を無駄と考えるかは人それぞれ。コツコツと続けることは無駄。打ち合わせや飲み会は無駄などなど。積極的に無駄を省き、自分自身が本当にコミットしたいものに集中したいものです。

過程を楽しむ

過程を楽しめれば、必然的に継続することができます。成果や結果が目に見えるまでには時間を要します。短期ではなく長期の目線で、コツコツと継続したいものですね。

変化を好む

変化を好む、変化することを恐れない。変わらないこと、それ自体にも価値はありそうですが。軸を持ちつつも、積極的に変化しようという気概を持つこと。こうしたマインドが大事なのかもしれません。