石井隆浩の日記

HITOKAKERA INC. CEO TI大学受験コンサルティング代表 日々の活動記録

勉強法

1つ1つ着実に

早く先に進みたい、一気にできるようになりたい。そう考えがちですが、魔法の方法はありません。日々の積み上げ、コツコツやるしかありません。ただ、方向が合っているかは確認したいですね。

メンター 使い方

いつでも質問できる、アドバイスを求めることができる。そうした存在がいることは心強いですよね。勉強は基本的には1人でやるものです。方向づけ、モチベーション管理。そうした部分でヒトのチカラを借りることもありですね。

アウトプット

アウトプットをして初めて自分のものになる。これは真でしょう。アウトプットの方法もさまざまです。自分なりのやり方で、その機会を増やしていきたいですね。

目標 到達点

どうせやるなら成果が欲しい。目標は明確にすべきですよね。いつまでにどこまで到達したいか、辿りつきたいか。ここが明確な人ほど、到達スピードは上がります。

習慣の作り方

習慣化できれば、怖いものはありません。息を吸うように、行動することができます。では、どうやってその状態に持っていくか。

いま、どこを進んでいるか

勉強をしていると、ゴールを見失ったり、いま何をやっているかがわからなくなる時がありますよね。ゴールが見えなければ、進むべき道が見えなければ、やる気も続きません。

行動するための情報収集

行動をするためには、前提として情報収集が必要です。媒体、集め方、取捨選択の仕方は人それぞれですが、工夫が必要ですね。

日々、勉強

日々、勉強です。現状維持は退化とも言いますが、学び続ける必要がありますね。特に大人であれば、自分が興味のあることを集中的に勉強することが可能ですね。

量から質へ

まずは動いてみる、量をこなす。やり方やタイミングを模索していては、時間がもったいない。やっていく中で修正、また修正。道はすでにあるものではなく、自分で作っていくものですね。

必要な情報を、必要な時に

何をするにも情報収集は不可欠です。もっとも、情報過多の時代にあって、情報の取捨選択、使い方が重要ですね。

継続のコツ

上達するために、成果を出すために。継続することは必須です。コツコツ進めること、周りがどうこうではなく、自分のペースで淡々と進めること。これが大切ですね。

本を読む

読書。単に読むだけでなく、1つでも行動してみる、アウトプットしてみる。ここまでがセットですよね。あとはどれだけ数をこなせるか。

積み重ね

コツコツやるしかありません。方向性が間違っていては、いくら進んでも目標やゴールにはたどり着きませんが。少しずつ、ただ、力強く進んでいきたいですね。

まずは動いてみる

動かなければ何も始まらない。ビジネスでも、アイデアには価値がないと言われますが、やりたいこと、やってみたいことがあれば、まずはやってみること。これが大切ですね。

継続 加速度的成長

まずは継続すること。時間単位でも、ページ数など何でも大丈夫です。はじめはキツく大変ですが、ある段階を越えると、加速度的な成長が待っています。

学び続ける

自分が学ぼうという姿勢を持てば、何事でも、何事からでも勉強をすることはできます。学び続けていきたいですね。

わかる できる

わかるとできるは違う、とよく言われますが。わかった後に、すぐにできるようになろうと行動できるか、練習ができるか。ここがカギかなと。

進路講話 @埼玉

将来・未来のイメージをどう持ってもらうか。リアリティがあり、興味を持ってもらえるような話ができるか。常に意識しています。

全体 ⇔ 個別

難しい話ではなく。何かを勉強する上では、どれだけ全体と個別を行き来できるかが重要だと思います。

進路講話 @栃木

進路やキャリアについての講演も、私の活動の1つです。実体験や、よりリアルな話をするためにも、日々勉強、日々挑戦だと感じます。

質と量

まずは量をやり込む。やっていく中で見えてくるものがある。基本的にはそう考えます。

ゴール 全体像

ゴールや全体像。これが明確でなければやる気も起きず、継続もできません。もちろん、ゴールは変わることもあるでしょう。もっとも、ゴールが明確であるからこそ、修正し、また走りだせる。

学び続ける

人生は学びの連続ですが。1つのものごとでも、見方を変えればすべてが学びになる。そんなことはよくあると思います。

情報収集 英語

情報収集。集めるだけでなく、選別し、自分のモノにしていく必要がありますが。情報収集の手段や、媒体も変わってきているように思います。

継続 集中力

何ごとも、一定程度継続する、コミットしなければ望んだ成果は出ません。いかに回す、継続する仕組みを作るか、外堀を埋めていくかが重要ですね。

進路講話 @千葉

インプットとアウトプットを繰り返す。これが大切ですが。さまざまな活動の中で、その2つをうまく回すことができていると感じます。練習や訓練は必須ですね。

木を見る?森を見る?

どちらの視点も大切ですが。仕事でも勉強でも、熱中すればするほど、全体が見えなくなります。また、全体(ゴール)が見えずに、モチベーションの維持が難しくなることもあるでしょう。

勉強とは

勉強はしようと思えばいつでも、どれだけでもできる。そう思います。何を勉強と捉えるかにもよりますが、成長する材料は転がっています。

計画 立て方 

勉強ネタですが。むやみやたらと取り組んでいても、成果は限定的になります。計画を立てること自体が目的ではありませんが、効果が出るやり方をしていきたいですね。

情報収集 行動

情報収集、大切ですね。これだけ情報が溢れている世の中ですと、情報の触れ方、情報との付き合い方も大切でしょう。