石井隆浩の日記

HITOKAKERA INC. CEO TI大学受験コンサルティング代表 日々の活動記録

読書

行動するための情報収集

行動をするためには、前提として情報収集が必要です。媒体、集め方、取捨選択の仕方は人それぞれですが、工夫が必要ですね。

本を読む

読書。単に読むだけでなく、1つでも行動してみる、アウトプットしてみる。ここまでがセットですよね。あとはどれだけ数をこなせるか。

先人の知恵

読書の意味。いろいろですが。先人の知恵を学ぶ、自分のものとし、日常生活に活かす。これも読書の意義の1つかもしれません。

栄養補給?

頭に栄養を。心に栄養を。読書はそんな感じかもしれません。学生時代から読み始め、多くの本に出会えた気がします。

本の読み方

情報収集のための読書。自分の人生を豊かにするための読書。目的は人それぞれですが、必要な情報をいかに取るか。

視点

1つのものごとをさまざまな角度で見る力。必要だと思います。勉強ができると、頭が良いとでは全く異なりますが。練習が必要かもしれませんね。

読書 考え方

読書。知識を吸収してアウトプットすること。ここまで含めて読書に意味が出てくると思います。

読書 視点

読書。自分なりにテーマを持って、意味や意義のあるものにしたいですね。もちろん、暇つぶしという側面もあるかもしれませんが。

読書 視点

読書の効用。さまざまですが。1つのものごとを複数の視点で見ることが可能になる、その材料を手に入れることができる。これが効用の1つかと思います。

働き方 読書 再考

いまの働き方、生き方をする上で、読書はかなりしました。情報収集、行動に移すための契機付け。良い本に多く出会えた気がします。

読書 栄養補給

読書系の記事も書いています。読む本は人それぞれ好みがありますが、わたしの場合は自分の行動や考えを見直す、自分に栄養を与える作業と考えています。

読書 目次

読書は、栄養補給。その時に必要な情報や知識を、自分のカラダの中に入れる作業と考えています。同じ情報も、時と場合によって、吸収率が変わりますからね。

どんな本を読むか

読書の目的は人それぞれですので、もちろん正解はないのですが。最近は読書系の記事を多く書いているので、今回も少し考えてみます。

読書 確認

以前、読書の仕方という記事を書きました。はじめから終わりまでをすべて読むことはない、という感じのことを書きましたが、読み直しについて書いてみます。

書く内容

ブログも何とか続けてきました。書く内容や、テーマが思いつかないこともありますが、アンテナを張り続けることに慣れてきたのかもしれません。

読書 行動

本を読んでそのままの人はあまりいないと思いますが。学んだこと、新たに知ったことのうち1つでも、即行動に移してこそ、本を読んだ意味があると考えます。

働き方 読書

生活コストは最低限、収入源を分散化して、ゆとりや余白ができるように過ごしていますが。いわゆる複業をするにあたり、というかするまでの過程で、いくつか本も読みました。

読書の仕方

1つ前の記事で、目次・構成というものを書きましたが、それを書いている際に思ったことがあったので、思うままに書いてみます笑。

読書 きっかけ

本との出会い、人との出会いが、人生を変える、人生に良い影響をもたらすということはあるでしょう。どんな本を読んできたかなと少し振り返ってみました。

読書の効用

本は結構読むタイプなので、当時は意識していませんでしたが、講演や人前で話す際にも、以前読んだことを使っているなとふと思いました。

同じ分野の本を複数

読書系の記事も、少しずつ書いていこうかなと考えています。無意識にやっていたことではありますが、何かを勉強したい、知りたいと思ったら、それこそタイトルが同じような本を複数読むことが効果的なのではと思います。

本を読む意味

読書について少し書いてみようと思うのですが。と言っても最近はほとんど読んでいませんね。学生時代はひたすら読んでいた記憶があります。