石井隆浩の日記

HITOKAKERA INC. CEO TI大学受験コンサルティング代表 日々の活動記録

TI大学受験コンサルティング

1つ1つ着実に

早く先に進みたい、一気にできるようになりたい。そう考えがちですが、魔法の方法はありません。日々の積み上げ、コツコツやるしかありません。ただ、方向が合っているかは確認したいですね。

進路講話 @栃木

世の中の流れは急で激しいですが。基礎となる能力、応用力の基となる力は変わらないのかもしれません。それをどう伝えるか。

メンター 使い方

いつでも質問できる、アドバイスを求めることができる。そうした存在がいることは心強いですよね。勉強は基本的には1人でやるものです。方向づけ、モチベーション管理。そうした部分でヒトのチカラを借りることもありですね。

実験を繰り返す

まずは進めてみる、そして修正をかけてより良い方向に行けるよう調整していく。すべての行動は実験。まずはやってみること、これが大切ですね。

自己実現 やりたいことは何か

なりたい姿、理想とする姿を具体的にイメージできるとがんばれます。日々の生活に忙殺され、そうしたイメージすらすることができないのではもったいないですよね。できることから少しずつ進めて行きたいですね。

努力の先に

自分なりにできることをまずはやる。ときには限界突破も必要です。努力・継続に何があるのか。明るい未来、理想とする未来を描くことができているか。

チャレンジ ゆとり

チャレンジするためにはゆとりが必要です。さまざまな意味でのゆとり。精神面も肉体面もそうでしょう。挑戦できる環境を創っていきたいですね。

アウトプット

アウトプットをして初めて自分のものになる。これは真でしょう。アウトプットの方法もさまざまです。自分なりのやり方で、その機会を増やしていきたいですね。

技術の習得 始めるタイミング

技術習得には時間がかかります。であれば、早く始めたほうが良い。早く始めれば、自分に適性があるのかないのか、続けられそうかそうでもなさそうかなどがわかります。始めてみて初めて分かることは多いですね。

目標 到達点

どうせやるなら成果が欲しい。目標は明確にすべきですよね。いつまでにどこまで到達したいか、辿りつきたいか。ここが明確な人ほど、到達スピードは上がります。

習慣の作り方

習慣化できれば、怖いものはありません。息を吸うように、行動することができます。では、どうやってその状態に持っていくか。

やりたいことは何か

せっかくの人生、やりたいことをやりたいですよね。興味・関心は、年齢や環境によって変化するものかもしれませんが。その時の自分の気持ちに正直に。行動をしていきたいですね。

日々、勉強

日々、勉強です。現状維持は退化とも言いますが、学び続ける必要がありますね。特に大人であれば、自分が興味のあることを集中的に勉強することが可能ですね。

量から質へ

まずは動いてみる、量をこなす。やり方やタイミングを模索していては、時間がもったいない。やっていく中で修正、また修正。道はすでにあるものではなく、自分で作っていくものですね。

必要な情報を、必要な時に

何をするにも情報収集は不可欠です。もっとも、情報過多の時代にあって、情報の取捨選択、使い方が重要ですね。

継続のコツ

上達するために、成果を出すために。継続することは必須です。コツコツ進めること、周りがどうこうではなく、自分のペースで淡々と進めること。これが大切ですね。

学び 新たな発見

学ぼうという姿勢があれば、何ごとからでも学ぶことができます。学びは新たな刺激となり、さらなる行動のモチベーションにもなりますね。

個で稼ぐ力を

個で稼ぐ力を。言うは易し、実際にやってみるととても難しいですよね。難しいからこそ考える、工夫する。その積み重ねで新たな世界が見えてきますね。何ごともトライアンドエラーです。

本を読む

読書。単に読むだけでなく、1つでも行動してみる、アウトプットしてみる。ここまでがセットですよね。あとはどれだけ数をこなせるか。

進路講話 @茨城

先日、進路講話に行ってきました。経験談もそうですが、リアリティのある話ができるか。常に意識しています。何ごとも勉強ですが。話し方、巻き込み方も勉強ですね。

積み重ね

コツコツやるしかありません。方向性が間違っていては、いくら進んでも目標やゴールにはたどり着きませんが。少しずつ、ただ、力強く進んでいきたいですね。

過程を楽しむ

過程を楽しむ。これができれば、継続しやすくなりますね。楽しいことも興味のあることも、成果が出ないとどうしても億劫になる。だからこそ、マインドを変えたいですね。

時間の使い方

時間は有限。いかに使うか、何に使うかが大切ですね。時間をお金で買う、ということもできますが、まずは使い方それ自体を考えたいものです。

まずは動いてみる

動かなければ何も始まらない。ビジネスでも、アイデアには価値がないと言われますが、やりたいこと、やってみたいことがあれば、まずはやってみること。これが大切ですね。

継続 加速度的成長

まずは継続すること。時間単位でも、ページ数など何でも大丈夫です。はじめはキツく大変ですが、ある段階を越えると、加速度的な成長が待っています。

学び続ける

自分が学ぼうという姿勢を持てば、何事でも、何事からでも勉強をすることはできます。学び続けていきたいですね。

行動し始め

安定をとりつつ挑戦する。はじめのうちはこれがよいと思います。リスクは、必要以上に負う必要はない。

ワクワク感 楽しめているか

何事も一定程度継続しなければ、望んだ成果は出ません。もっとも、その過程を楽しめているか、ワクワクしているか。確認をしたいですね。

わかる できる

わかるとできるは違う、とよく言われますが。わかった後に、すぐにできるようになろうと行動できるか、練習ができるか。ここがカギかなと。

副業 助走期間

何かを始めるための助走期間。何を助走と考えるかにもよりますが、基本的にはやろうと思ったら即行動。助走は必要ありません。