とある複業家の日記

日々の活動記録

自身の強みは何か

誰にでも強みはある。他方、弱みも当然ある。強みを発揮できる場所に身を置かなければ、パフォーマンスも非効率になりますよね。強みを理解し、それを発揮できる場所に移動することが求められますね。

目標設定の大切さ

目標設定は大切です。いつまでに何をどこまでやるか。明確にする必要がありますね。もっとも、設定して終わりではない。コツコツ淡々と続けつつ、計画の微調整は不可欠ですね。

楽しめているか

副業でも勉強でも仕事でも。楽しめているか。常に点検する必要がありますよね。楽しめていないのであれば成果は限定的になるはず。成果の最大化を念頭に置き自身の行動を客観視したいものです。

自分ができることに集中する

自分の力ではどうしようもないことが世の中には多くあります。気になったり何とかしようともがこうとする場合もありますが。流れに身を任せつつ、自分のできることに集中することが大切ですね。

マイペースで進める

結局は、マイペースが強い。焦って進めることは、長期で見るとマイナスです。自分のペースでコツコツ淡々と進めること。昨日の自分よりも少しでも成長する。これを繰り返していきたいものです。

オンとオフ

オンとオフ。仕事とプライベート。これらを分ける人、分けない人さまざまですが。個人で動いている人にとっては、このバランスをどう取るか。真剣に考える必要がありますね。

周りの意見に耳を傾ける?

人に聞くこと、アドバイスを求めることは、必要ではありますが。自分の頭で考えること。これは欠かせません。納得感を持ち、主体的に考え行動したいものです。

時間に投資する

何ごとも。ある程度の時間をかけなければ、成果は限定的になります。何かを始めたいと思ったときに、時間を投資できるか。ここがカギなのかもしれません。

知らないことの、価値

知らないということは恥じることではなく。知らないという状態には価値がある。知らないと素直に認め勉強し知っていく。この過程や繰り返しにこそ、価値がありますね。

希少性

周りと同じことをする。安心感を得やすいという側面もありますが。モノでも何でも、他と異なるからこそ価値がある。希少性。考えたいものです。

毎日、取り組む

毎日、取り組む。毎日、少しでも取り組む。面倒で、サボりたくなる時もあるかもしれませんが。ある種思考停止で毎日続けることができれば。成長速度も加速度的に上がりますね。

副業の選び方

副業の選び方。何を選択すべきか迷うことも多いですが。自分に合うものがはじめから見つかることは稀です。興味や関心に従って小さく始めてみること。これが大切ですね。

続けると、良いこともある

継続は力なり。続ける過程で多くの壁にぶつかり、挫折することも多々ありですが。良いこともある。続けることでしか見られない世界を見ることも、また良い経験ですね。

とりあえず、1年くらいやってみる

とりあえず、1年くらいやってみる。1年を長いと思うか短いと思うかは人それぞれですが。とりあえず1年。このくらいのマインドを持っている人の方が伸びるのかもしれません。

批評・分析

批評し分析する。ものごとをより深く理解するためには必要とも思われますが。批評分析は、行動への足かせになることもあります。まずは行動、さらに行動。行動をした後に考える。これで十分ですね。

内省

変化の激しい現代社会。ともすると世の中の流れという渦の中で、自分自身を見失いがちになります。内省。自分と向き合う時間を積極的にとっていきたいものです。

コツコツ淡々と

2021年も終わりますが。コツコツ淡々と。この姿勢はいつでも変わりません。来年から新しいスタートを、ではなく。この瞬間からコツコツ淡々と進めて行きたいものです。

努力するための余裕

努力をすることは大切ですが。努力をするためには、大前提として余裕が必要。余裕がなければ努力をするためのエネルギーも時間も生まれません。努力するための環境づくりが大切ですね。

はじめは、つまみ食いから

副業や勉強を始める場合。はじめから自分に合うもの、コミットしたいと心から思えるものに出合うことはまれです。はじめは、つまみ食いから。こんな意識で十分ですね。

基本は、自学自習

勉強は基本的に自学自習。ペースメーカーやメンターが必要な場合もありますが。それらはあくまでも指南役。結局は、自分の頭で考え課題を見つけ自学自習を継続する。これが上達への近道ですね。

1年後の自分を想像できるか

なりたい姿を想像し、日々できることに全力で取り組む。こうした姿勢はとても大切ですが。未来は予測不能、思った通りにはなかなかならない。であれば、いま興味のあることに全力コミットですね。

実体験の価値

実体験の価値は高い。見聞きする、調べる、勉強をする。この過程にも価値は一定程度ありますが。実体験は、経験値の向上、その後の成長への大きな糧になりますね。

失敗慣れ

失敗と言うと。何だかマイナスイメージ。できれば避けたいものですが。成功の裏には数知れない失敗がある。失敗慣れをしている人ほど強い。そうも言えるのかもしれません。

続けることの難しさ

成長、上達のためには、継続は不可欠ですが。続けることは、やはり難しい。努力できる才能と言われたりもしますが。継続するための環境整備。これを意識したいものです。

手放すこと

新しいことを始める場合。問題となりうるのは、時間や余白がないこと。まずは現状をしっかりと把握し、無駄なものを省く、積極的に手放す。何かに挑戦する第一歩は捨てることなのかもしれません。

いつから始めるか

新しいチャレンジのはじめ時。最適なタイミングはありません。時間は有限、人は年をとる生き物です。いまこの瞬間から始める。この意識が近い未来を変えることにつながるのかもしれません。

完璧主義者

完璧主義。聞こえは良いですが。何かに挑戦したり、新しいことを始める場合。完璧主義は悪。期待をせず、ただ淡々とやりたいこと、興味のあることにコミットしていきたいものです。

読書の方法

新しいことを知ろうとする場合、本は有用なツールです。入門編や基礎的なモノから入ることが必須ですが。同じ分野のモノを複数手に取り共通点を見つけること。これが重要かもしれません。

自己流の追求

学ぶことの本質は、真似ること。学びは、真似から入るのですが。真似をした先に、自分のやり方を確立すること。これが大切ですね。

すぐに動ける人が、強い

最適なタイミングは無く、考えれば考えるほど、動き出しにくくなります。準備をすること、用意周到さに焦点が当てられすぎることで、なかなか動けない人も多い。であれば、すぐに動いたほうが有利に働きますね。