石井隆浩の日記

HITOKAKERA INC. CEO TI大学受験コンサルティング代表 日々の活動記録

読書 考え方

f:id:shirocan:20200502123039j:plain

読書。知識を吸収してアウトプットすること。ここまで含めて読書に意味が出てくると思います。

 

『読書について少し書いてみようと思うのですが。と言っても最近はほとんど読んでいませんね。学生時代はひたすら読んでいた記憶があります。

 

本をよく読む子は、国語が得意。

 

国語が得意かは、どれだけ本を読んでいるかで決まる。

 

なんていうことが言われますが、個人的にはあまりそうは思いません。

 

字を見ることに慣れる、抵抗感がなくなる程度の効果は期待ができますが。

 

というような受験関連の記事として、今回は読書について書くつもりはありません。

 

そもそも読書をする意味は何なのか。

 

わたしは、読書という場合の読むべき本はいわゆる古典で、古典を読むことを通じて、過去の経験や考え方を、今の自分の生活や行動につなげること。

 

これが読書の目的であり、効能であると考えています。

 

ヒトはいましか生きられませんので。

 

自分とは異なる時代を生きた人々の経験や考え、知見を今に生かすことができれば、さらに人生を豊かにできるのではと考えています。

 

久しぶりに読み漁ってみようかな笑。』

 

以前こんなことを書きましたが。

 

読書、定期的にしていきたいですね。

 

Twitterfacebookもやってます!

https://twitter.com/shirocan_ti

https://www.facebook.com/longhaoshijing