とある複業家の日記

日々の活動の記録

誰とも較べずに

f:id:shirocan:20200624222656j:plain

人は1人では生きていけないのかもしれませんが。比較対象は、常に自分自身。比較や競争を、どう考えるか。

 

資本主義社会という、競争からなる社会で生きている以上。

 

競争そのものを、排除することは難しい。

 

至る所で、競争が行われています。

 

もちろん、生きていくためには、ある程度競争し、勝っていくことが求められます。

 

自分の居場所は自分でつくる。

 

自分がそこにいるということは、そこにいられない人もまた存在する。

 

そのように考えることもできるでしょう。

 

競争。

 

自分自身を成長させるためには、さまざまな競争が必要です。

 

しかしながら、不必要な競争、過度な競争は不要。

 

そう考えます。

 

比較対象、ライバルは自分自身。

 

ライバル 成長 - とある複業家の日記

 

そう考えることで、無駄な競争を省くことができる。

 

自分のペースで継続し、成長することができる。

 

そう考えます。

 

自己満足かもしれない。

 

もっとも、幸福観は人それぞれ。

 

継続し、自分自身を成長させていきたいですね。

自分に合うものの組み合わせ - とある複業家の日記