とある複業家の日記

日々の活動の記録

挑戦 撤退 逃げ道

f:id:shirocan:20200618191156j:plain

何か新しいことにチャレンジしたり。1つ行動を起こしてみたり。やるかどうかは全く以て自由。撤退することも、また自由です。

 

大きなリスクを負わずに、チャレンジすることは、比較的容易にできます。

 

副業1つをとっても、国や企業からの後押し?を受けて、より取り組みやすくなってきています。

 

何かに取り組むことの、さまざまな意味でのハードルはかなり下がってきているように思えますが。

 

1つ明確なことは。

 

やってみて、ダメなら、また戻ればよい。

 

そう考えています。

 

いやいや、会社を辞めたら、その会社には戻れないでしょ。

 

そう考える人も多いですし。実際そうなのでしょう。

 

もっとも、仮に、何かに挑戦するために、自分の居場所を離れたのであれば。

 

離れるにふさわしい、離れるべき理由が、その時にはあったのでしょう。

 

であれば、離れたこと自体に後悔はないはずです。

 

副業をしてみる、無理ならやめる。

 

節約をしてみる、無理ならやめる。

 

独立してみる、無理なら会社員に戻る。

 

これでよいのでは、と思います。

 

そうしたマインドを持っていることにより。

 

逆に、気楽に、よい力加減で、新しいことに取り組むことができる。

 

フットワークが軽くなる。

 

そうしたプラスの面も出てくるのでは、と考えています。

 

方向転換 - とある複業家の日記

 

方向転換は、いつでも可能ですね。