とある複業家の日記

日々の活動の記録

失敗の量

f:id:shirocan:20200610152310j:plain

誰でも失敗はしたくない。もっとも、失敗を繰り返して初めて成功と言えるようなものを掴めることも、また事実。

 

失敗や成功の定義は、人それぞれですが。

 

個人的に、うまくいった、成功したと言えるようなことは。

 

10回やって、一度あるかないかくらいです。

前進 一歩を踏み出すこと - とある複業家の日記


情報収集をし、頭でっかちにならずすぐに行動に移し、適宜修正を加えながら少しずつ歩みを進めて行く。

 

その過程で、客観的には「失敗」と映るようなことがあったとしても。

 

それらはすべて経験。

 

経験値は上がった、成長した。

 

そう解釈しています。

失敗 学び - とある複業家の日記

 

ありきたりではありますが。

 

成功の前(周り)には、数知れぬ失敗が横たわっています。

 

失敗の上に、成功が乗っている。

 

そんな言い方もできるかもしれません。

 

結局は行動量。

 

最大限のコミットを、日々続けていきます。

最大限のコミット - とある複業家の日記