とある複業家の日記

日々の活動記録

自責と他責

f:id:shirocan:20200624222656j:plain

自分の頭でよく考え、十分に納得したうえで行動する。結果については自己責任。つい他人のせいにしたくもなりますが。納得したうえでの行動であれば、結果に対する納得度合いも高まりますね。

 

ついつい。

 

人のせいにしがち。

 

周りのせいにしがち。

 

そんなこともありますが。

 

基本的には、自責。

 

ベクトルをどれだけ自分自身に向けられるか。

 

大変ですが、つらいこともありますが。

 

この意識が大切ですね。

 

もちろん。

 

天変地異ほか。

 

自分の力ではどうすることもできないことも多々あります。

 

余は無常。

 

流れを止めることはできないため。

 

流れに身を任せることも必要ですが。

 

身を任せつつ、不必要に抵抗せずに。

 

自分で決断した行動についての責任は。

 

自分自身で負いたいものです。

 

行動する自由 行動しない自由 - とある複業家の日記

 

自分で決断を下せる範囲が広い人ほど幸福度が高い。

 

そんなことも言われます。

 

大人になるにつれ、さまざまなしがらみや外的要因に左右されがちになりますが。

 

自分の人生の主人公は自分自身。

 

主体性をもって、日々を過ごしたいものです。

納得感 - とある複業家の日記

 

自責と他責。

 

自分と向き合い、自分を律し、昨日の自分を超えることを常に目標とし一歩ずつ進んでいく。

 

この意識、積み重ねで。

 

日々の生活がより充実する。

 

そう考えます。