とある複業家の日記

日々の活動の記録

やってみないとわからない

f:id:shirocan:20200604172609j:plain

実際に体験しないと。やはり、何もわかりません。さまざまなことにチャレンジしてみて。わかったことが多くあります。

 

自分の頭で考える - とある複業家の日記

 

経験、体験が血肉になる。

 

インプットだけでは、不十分。

 

そう考えています。

 

さまざま行動をする中で、気付いたことが多くあります。

 

法人を作ってみた。

 

初めて作るときは、当然右も左もわかりませんでした。

 

実際に作った後も。

 

事務作業が当然多い。

 

わからないことだらけなので、また調べる。

 

その繰り返しでした。

 

副業として、クラウドソーシングを始めてみた時も。

 

なるほど、こうプロフィールを書くと、全然採用されないのか。

 

ふむふむ、こう変えると、結構採用されるんだな。

 

良いものを作ると、継続して発注されるんだな。

 

情報収集をして、事前に得ていた情報が、自分にとって「ホントウ」かが、ここでわかりました。

 

今月からnoteも始めました。

 

毎日3、4記事をあげ続け、やっと1000ビューを超えました。

 

なるほど、相場観はこんな感じなのか、とわかりました。

 

目に見える「成果」という意味では、いまいちかもしれません。

 

もっとも、動く中で、動き方、どう動くかがわかってくる。

 

何か新しいことをやるときの動き方が洗練されてくる。

 

そんな感じがしています。

 

この過程を無駄と考える人がいるのも事実。

 

たしかに、時間やエネルギーの点では、無駄なのでしょう笑。

 

ただ、この過程を楽しめれば。

 

新しいことは、楽しい - とある複業家の日記

 

さまざまなポジションをとることができるようになる。

 

そう考えています。

1つのことで突き抜ける? - とある複業家の日記