とある複業家の日記

日々の活動の記録

とりあえず、やってみる

f:id:shirocan:20200512131058j:plain

とりあえず、やってみる。この姿勢はとても大切ですよね。やらない理由を挙げることは、とても簡単。もっとも、すぐに動くクセをつけることも、また簡単です。

 

優柔不断と慎重さは紙一重

 

表裏とも言えるかもしれません。

長所と短所 - とある複業家の日記

 

慎重さを持つことは、とても良いこと。

 

世の中には、さまざまなトラップが潜んでいる、巧妙に。

 

納得してから動く、手を出すことは必要です。

 

もっとも。

 

勉強をしたり、情報収集をして、満足してしまうことも多い。

 

頭でっかち。

 

そんな言い方もできるかもしれません(昔の自分もそうでした)。

 

とりあえず、やってみる、という姿勢を持つと。

 

フットワーク - とある複業家の日記

フットワークが軽くなり、打席に立ち、バットを振る回数が必然的に増える。

 

得意 不得意 - とある複業家の日記

向き不向きがわかり。

 

楽しいこと 前のめり - とある複業家の日記

やっていて楽しいと思えるものに出会える。

 

こんな感じの流れになるでしょうか。

 

ひいては、毎日が楽しくなる、自分の人生を生きているという感覚を持てるかもしれません。

 

やはり、行動ありきですね。