とある複業家の日記

日々の活動の記録

楽しいこと 前のめり

f:id:shirocan:20200613142418j:plain

副業でも勉強でも。やっていて楽しければ、自然と前のめりになります。何とか続けよう、頑張らなければ…と考えているのであれば。楽しめていないのかもしれません。

 

自分自身が勉強をしたり。

 

スクールを運営していて思うこと。

 

それは、楽しいと、自然に前のめりになっているということです。

 

個人的には、ワクワク感を大切に生きていますが。

チャレンジ ワクワク感 - とある複業家の日記

 

受講生の方々の姿勢を見ていても。

 

目標が明確で、前のめりになっていると。

 

講師とのやり取りの頻度や量が多くなっています。

 

1日後、1週間後、1か月後、1年後の差は。

 

言うまでもありません。

 

もちろん、常に楽しめるわけではない。

 

副業でも勉強でも何でも、やはり壁はあります。

 

壁を壁を思わずに…なんていう精神論を述べるつもりは毛頭ありませんが。

 

前のめり具合によって、その壁が高いと感じるか否か、壁の高さの感じ方が異なってくるのだと思います。

 

向き不向きはある。

得意 不得意 - とある複業家の日記

 

まずはやってみる、という姿勢がなければ、適性はわかりませんが。

 

世の中の流れに完全に乗るのではなく。

 

好きなこと、興味のあることにコミットしていきたいですね。

 

https://creator-lab.jp/

f:id:shirocan:20200903194410j:plain