とある複業家の日記

日々の活動記録

「受験メンター」の重要性

f:id:shirocan:20200206174326j:plain

「メンター」という言葉を最近よく耳にします。仕事上(または人生)の指導者、助言者、という意味だそうです。今回は、受験勉強におけるメンターの重要性に絞って、私なりの考えをまとめてみます。

 

進学塾で校舎責任者をしていた時期がありました。

 

その時に感じたこと。

 

教科指導も大切だけれど、生徒たちに勉強の方向づけを行うことのほうがもっと大切。

 

です。

 

校舎責任者をやる前は、中学生や高校生・高卒生に、具体的な教科指導も行なっていました。

 

その時に、生徒たちにはこんなことを言っていました。

 

「たとえ話ね。寝て起きたら、大海原で漂流してることに気付いたとするじゃん笑。焦るよね、かなり。自分も経験したことはないからわかんないけど。とりあえず泳ぎ始めるじゃん。島がないかなって思いながら。でもさ、そっちに島があるかはわからないわけじゃん。そっちに島がなければ、いくら泳いでも着かないよね。ここが大事。先生は、そっちに島はあるのか、どのくらい泳げば到達するかを教えるわけ。島が志望校、泳ぐ距離が勉強時間。」

 

ものすごく長くなりそうなので、ここで止めますが、こんなようなことを話していました。

 

少し偉そうですが笑。

 

これが、私が考える、勉強の方向づけです。

 

言い換えると、「メンター」ではないかと、私は考えています。

 

現在、私はそうした「メンター」的な活動もしています。

 

より質の高い、良きメンターとなれるよう引き続き努力していきます。

 

jyuken-consul.jimdosite.com

 

Twitterもやってます!
https://twitter.com/shirocan_ti