とある複業家の日記

日々の活動記録

努力が足りない?

f:id:shirocan:20220209003822j:plain

結果や成果が出ないと。努力が足りない。そう言われたり、考えたり、反省したりしますが。努力の方向性。努力の量。これらが合っているのか、足りているのかを客観的に考えたいものです。

 

続けることの難しさ - とある複業家の日記

努力。

 

努力できる才能。

 

そんなことも言われますが。

 

できれば、したくない。

 

そう考える人も多い。

 

生き方や価値観、幸福感はさまざま。

 

殊、多様化している現代においては。

 

努力の捉え方や考え方も。

 

多様化しているのかもしれませんが。

 

結果や成果が出ない場合には。

 

単に努力が足りないと考えるのではなく。

 

努力の方向性が合っているのか???

 

努力の量は足りているのか???

 

この視点で考えることが、有効と考えます。

 

努力の方向性。

 

努力するというと、何かの対象に対して、時間や労力をかけることになりますが。

 

同じ時間や労力をかけても。

 

方向性が違っていれば、当然ゴールにはたどり着きません。

 

同じ距離を歩いても。

 

方向が間違っていては。

 

目的地にはたどり着かない。

 

考えてみれば当然のことですが。

 

方向性が間違っていないか。

 

常に確認すべきですね。

努力の方向性 - とある複業家の日記

 

努力の量。

 

仮に、方向性が合っていたとしても。

 

量が足りなければ、やはりゴールにはたどり着かない。

 

この視点もまた、当然ですが。

 

あまり量をやらなくとも、きっとゴールにたどり着くだろう。

 

これ位の量で足りるだろうと。

 

少し甘く考えてしまうことも多そうです。

まずは、やり込んでみる - とある複業家の日記

 

新しいことを始める場合。

 

上達し、成果を出すための魔法の方法は無く。

 

方向性と量が正しい努力をすること。

 

それを継続することしか。

 

方法はありません。

 

そのことを自覚し、常に自分自身を客観視しながら。

 

日々コツコツ淡々と継続していきたいものです。

細く、長く続けていく - とある複業家の日記