石井隆浩の日記

HITOKAKERA INC. CEO TI大学受験コンサルティング代表 日々の活動記録

何者でもない自分

f:id:shirocan:20200607164107j:plain

挑戦をしたり、新たな土俵で戦うと、自分自身が何者でもないことに気付くことがあります。その時にどう考えるか。

 

動きながら考える - 石井隆浩の日記

ここでも書きましたが。

 

何か新しいことに挑戦すると、多くの場合、自分自身の実力不足や、しょぼさみたいなものを感じることになります。

 

プライドや自尊心が邪魔をし、その後のチャレンジを止めてしまったり、現状維持に走る、そうなってしまうこともあるでしょう。

 

個人的には。

 

自分に何が足りないか、どうすればよいか、これを知れただけでも意味があるのでは。

 

そう思っています。

 

もちろん、考え方はさまざまです。

 

自分の実力のなさに絶望するくらいなら、挑戦なんてしたくない。

 

自分が比較的勝てるところでのみ行動していたい。

 

そう考えることがあっても、もちろんよいと思います。

 

結局はどちらを選ぶか。

 

チャレンジにはエネルギーが必要ですが、チャレンジすることで見えてくる世界があります。

 

チャレンジすることでしか見えてこない世界があります。

 

時間は有限。

やりたいことは何か - 石井隆浩の日記

 

軸となるものを持ちながら、自分の興味の赴くままに進んでいきたいですね。